カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

世界のお酒専門店【六本木鈴酒】HOME > 日本のワイン > ココ・ファーム・ワイナリー

今や日本を代表するワイナリー

【ココ・ファーム・ワイナリー】


ココ・ファーム・ワイナリーは、知的障害者入所更生施設「こころみ学園」の園生の社会的自立を目的に、それに賛同する父兄の出資によって1980年にスタートしたワイナリーです。
ココファームワイナリー
日本のワイン産地というと、山梨県や長野県などが有名ですが、『ココ・ファーム・ワイナリー』は、栃木県の足利市にあります。
ワインの産地とは程遠い場所と思われがちですが、こちらで生産されたワインは、2000年の九州・沖縄サミットでの晩餐会、2008年の北海道洞爺湖サミットでの総理夫人主催の夕食会で使用されるなど、国際的にも高い評価を得ています。
ココファームワイナリー
始まりは、昭和33年。
指定障害者支援施設「こころみ学園」の当時中学校の特殊学級教員だった川田昇先生が、学校での勉強だけでは子どもたちが社会へ羽ばたくことができない矛盾を感じ、特別に守られる環境から自立できることを目的として、平均斜度38度の急斜面を開墾し、私財で農場を興しました。
それがこの「こころみ学園」なのです。

何も出来ないと諦めていた子どもたちが、各自の得意の能力を生かし集中力と根気で農作業に夢中になる姿に、川田先生は作業としての農業からぶどう作り・ワイン醸造へと踏み切りました。
売れるワインを造ることが目的ではなく、子どもたちの自立が目的であるために、下草刈りからぶどうの選定・出荷まで、全てが手作業です。 結果的に、開墾以来一度も除草剤を使わず、機械化での大量生産にならず、今で言う「本物の追求」がここにはもともとあったのです。
ココファームワイナリー
現在では、カリフォルニアのナパヴァレーで世界中で活躍するワイン醸造家の「ブルース・ガットラブ氏」を醸造責任者として、栃木県足利市ココファームワイナリーの気候風土に合った、ココファームワイナリーにしかできないブドウ栽培、ワイン造りを行っています。

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜17件 (全17件)

1件〜17件 (全17件)

ページトップへ