カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ

エンリケシュ・エンリケシュ マディラ エンリケシュ・エンリケシュ
【家族経営のマデイラ・ワインの最大の生産者】

ヘンリケシュ・ヘンリケシュ社は、1850年に設立された、一貫して家族経営を貫く、マデイラ・ワインの最大の生産者です。

マデイラ諸島は、アフリカの北西岸沿いにあるポルトガル領の島で、モロッコから378マイル、ヨーロッパ大陸からは620マイルの距離にあります。
1420年に、ホアン・ゴンサルヴェス・ザルコとトリスタオ・ヴァスによって発見された時、それ以前に人の住んでいた形跡はなく、科学者は、この島があまりに濃い森林に覆われていたために、誰も内部に入ることができなかったとみています。
そのため、この島は、ポルトガル語で森を意味するマデイラと名付けられました。
1478年には、クリストファー・コロンブスがマデイラ島を訪れ、ポルト・サントの最初の領主であったバルトロメオ・ペレストレロの娘、フィリッパ・ペレストレロと結婚しました。
マデイラというユニークなワインが発見されたのは、15世紀のことで、このワインは船の積み込み用食糧として使われていましたが、船の上の長期にわたる高温状態が、このワインの品質を劇的に高め、豊かで複雑な味わいとなることが分かったのです。
18世紀には、マデイラ島で、船の上と同じ高温の環境を造り出して熟成させる、エストゥファの技術が開発されました。

商品一覧

在庫:
並び順:

説明付き / 写真のみ

1件〜2件 (全2件)

1件〜2件 (全2件)